2012年4月28日 信仰放談 テーマ「成長を見つめて」

次回は、5月26日(土)10:00~ 信仰放談収録 2:00~ Chapter29 

ご興味のある方は、お気軽に参加くださいませ。

新しくした配信方法も非常に簡単で好評の様です。パソコンが苦手な方も心配なさらずにお気軽にお問い合わせください。

こちらも、お気軽に申し込みください。
手順は以下の通りです。
簡単な自己紹介を下さった方にこちらからメールが行き、
青い線のURLをクリックして、飛んだ先の左上にあるダウンロードをクリックすれば音声ファイル(MP3)が保存されて、お聴きいただける算段です。

1つだけデメリットがあります、御送りするメールを保存して管理しておかないといけないということです。「過去の音声を聴きたいな」ということもあるかと思いますのでメールは、消去せずに保存しておいてください。、簡単に言えば、こちらから御送りするメールは、管理人のネット上の部屋に入る「鍵」だとお考え下さい。

新しく配信を希望される方は、簡単な自己紹介を以下までお送りください。
メールは 、@kcn.jp まで(@の前にsaltを付けてください)に、「配信希望」のタイトルをつけ、お名前、在住地(出身地)、簡単な自己紹介を記しててメールを下さい。
郵送希望の場合は、郵便番号、住所と名前を明記して下さい。
[PR]
Commented by 硬派銀じ郎 at 2012-05-01 18:37 x
いつも配信の労、ありがとうございます。

主のご計画が進むことを、ますます期待します。

ところで写真は、やっぱり香港の屋台?ですか。おいしそうですね~。
神戸にも、ぜひお越しください。神戸牛は…いいB級グルメならご案内します。
Commented by cozyedge at 2012-05-02 00:23
写真は、香港のタイパイトンと呼ばれる固定式屋台です。安くてうまいのです。神戸にも是非お邪魔させてくださいね。B級グルメ良いですね!主のご計画、その深みをもっと見てみたいち切望しております。如何になまくらに自分を捧げてきたことかと反省する日々です。
Commented by dennkiya2 at 2012-05-18 13:27
今回は、銀じ郎さんの日ごろの経験を通した神の考え方を聞かせて頂きました。
それを、テンポよく進行役としてSaltさんが聖書の箇所とリンクさせていく形が聞いていて心地よいモノで、そのような事は、スピーカーが一人だけで語っているのでは得られない、霊的科学反応の様にに感じました。
千と千尋はあくまで導入であって、本題は”葬りと復活”でほとんど日常生活の中で起きている何気ない事象から神のメッセージを導き得させてもらう形で話が進み、
「もう一度生まれる」ということ、それはあくまで本人の意志や力では無く、神の神による不思議な働き。
親や養育係に与えられているその責任の大きさと限界、子供である事、思春期を経て、成人する事どれも当たり前に感じるけど、霊的視線で見る時、主の考えは深いと再確認させられます。
ただ主の頭の中の考えや構想では無く、実際にイエスが普通の子として生まれ育ち、十字架への道程を歩まれた事が改めてすごいですね。
どうぞ、新しく始められたこの古くからある形を主が祝福してくださいますように、これからもまた聞かせて頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
Commented by dennkiya2 at 2012-05-20 17:24
遠くないうちにお二人にお会い出来たらその時に詳しい尾ひれのついた話が出来たらそれが良いと思ってますが、銀じ郎さんはお仕事の中で実にメンドクサイ事をきちんとやってきた事が、いい形で現れた感じですね。
性格の良さもあいまって対照的なMC(性格が悪いとは思ってませんが、難があるだけの事)のSaltさんと合いますね。
Saltさんの話の中ではイエスとどこまでが一緒でどこまでがひとつでないのかという感覚に共感しました。
最近改めて気になっていたので、すこしまとめておけば面白い刺激がいただけそうです。題目は”一致”という事になりますか。

主の許しがあるならまた。
COZYEDGEさんもつけたしみたいに書いてますが、配信して下さるお蔭で、頂ける恵みがあります。
主がCOZYEDGEさんには福利をあたえてくださるでしょう。
これからもよろしく
Commented by Salt at 2012-05-20 22:05 x
電気屋さん、コメントありがとうございます。

私は銀じ郎さんに神様が与えておられる仕事を尊敬し、彼がその中で忠実に学んでいる姿に、本当に感動しています。

そういう感じが少しでも伝わって、彼を通して表されるイエスの愛の深さや繊細さが、いろんな方に伝わればいいなと思っています。

また、戸隠へお邪魔して「タツトミバージョン」も収録したいのでよろしく。触覚と牙を磨いておいてください。
Commented by cozyedge at 2012-05-21 07:38
電気屋さん
こちらこそ、これからもよろしくです。また、お会いしたいです。
Commented by 硬派銀じ郎 at 2012-05-21 10:54 x
電気屋さん、ありがとうございます。

仕事からであれ何であれ、主が私に教え与えてくださったものを表明するだけ、といろいろ思ってしまうものを横に置いてやっています。

「タツトミバージョン」も楽しみで、主に期待しています。
by cozyedge | 2012-04-29 07:43 | communion | Comments(7)

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge