2012年 8月18日 信仰放談 テーマ「弟子と群衆」

a0160940_15514261.jpg
残暑お見舞い申し上げます。

福音書の中で弟子と群衆は明らかに区別されています。イエスがすべてをたとえで語らえたことも弟子と群衆を区別するためでした。では、弟子と群衆とはどこがどんな風に違っているのでしょう。また、求められる弟子の心構えや在り方とは?

このところ午前中の信仰放談も、生で聴いてくださる方々が増えてきましたので、よりライブ感覚が高まって自然ないい感じになってきたと思うのですがいかがでしょうか?

是非、お聴きくださった方は、こちらにもコメントをお寄せください。みなさんが受けられたものをシェアできるとすばらしいと思います。

新しく配信を希望される方は、簡単な自己紹介を以下までお送りください。
メールは 、@kcn.jp まで(@の前にsaltを付けてください)に、「配信希望」のタイトルをつけ、お名前、在住地(出身地)、簡単な自己紹介を記しててメールを下さい。
郵送希望の場合は、郵便番号、住所と名前を明記して下さい。
[PR]
by cozyedge | 2012-08-19 15:52

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge