2015年8月11日 信仰放談 テーマ「友」

a0160940_0572023.jpg

ヨナタンは神を見て、神にあってダビデと友であることを教えられていた。だから、この世的には王サウルの子として王位を継承する立場・権利があった者なのに、心から真実をもって、王位はダビデにある、と信仰によって告げた。ダビデもまた神にあってヨナタンと友であったので、そのことばを疑わず受け入れ励まされた。二人を繋ぐ方は父なる神であり、「父なる神にあって」ということばは飾りのようにあるものではなく、真に二人は互いを関係づける父なる神の存在、御手を教えられていた。この父を共有する「内面の共有」こそが「信仰の友」とする。(銀じ朗)
[PR]
by cozyedge | 2015-08-12 00:58

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge