2015年10月17日 信仰放談 テーマ「平安」

a0160940_23404957.jpg



【ヨハネ14:27】
わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしは、あなたがたにわたしの平安を与えます。わたしがあなたがたに与えるのは、世が与えるのと違います。あなたがたは心を騒がしてはなりません。恐れてはなりません。

【ヨハネ16:34】
見なさい。あなたがたが散らされて、それぞれ自分の家に帰り、わたしひとり残す時が来ます。いや、すでに来ています。…
わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、あなたがたがわたしにあって平安を持つためです。あなたがたは世にあっては患難があります。しかし、勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです。

【ヨハネ20:19~23】
その日、すなわち週の初めの日の夕方のことであった。弟子たちがいた所では、ユダヤ人を恐れて都がしめてあったが、イエスが来られて、彼らの中に立って言われた。「平安があなたがたにあるように。」
… 「平安があなたがたにあるように。父がわたしを遣わせてように、わたしもあなたがたを遣わします。」そして、こう言われると、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。」

イエスさまは「平安」をくださった。「平安があなたがたにあるように。」と言ってくださった。それは、自分で平安を捻出して平安があるように、と言われたのではなく、物や人間に頼って平安を持つようにと言われたのでもない。「あなたがたにわたしの平安を与えます。」と言われた。「わたしの平安」であり、「イエスさまの平安」である。私の平安ではなく「イエスさまの平安」である。それは、物や人によって得ようとする私の平安とはまったく異なるものである。

【ローマ8:6】
肉の思いは死であり、御霊による思いは、いのちと平安です。

平安、平安、というとき、どうしても肉の味付けの平安を求めてしまう。それは、平安ではない。御霊こそが「イエスさまの平安」をもたらす。状況に関係なく、私に関係なく、御霊があることによりもたらせるものは「わたしはすでに世に勝ったのです。」とイエスさまが言われた通り、世の出来事に影響されず、勝利したものである。

(銀じ郎)
[PR]
by cozyedge | 2015-10-18 23:41

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge