<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2011年8月28日 「私たちの交わりとは」仙台ラブリ聖書教会にて

 御連絡

 以前の配信方法に古いファイルがリンク切れになる現象があり、メンテナンス性の向上と配信作業の簡素化とスピードアップのため今回から勝手ながら配信方法を変更いたします。

1. まず、Dropboxをダウンロードして下さい。
2. @kcn.jp(@の前にsaltを付けてください)に、「配信希望」のタイトルをつけ、お名前、在住地(出身地)、簡単な自己紹介を記しててメールを下さい。
3. 出来るだけ早く配信共有のための「招待状」を返信いたします。

 返信メールの内容は、以下のようになります。

「Cozy Edge wants to share some files with you using Dropbox. Message from Cozy Edge:

View "tatsutomi"

Enjoy!
- The Dropbox Team」

 次に、View "tatsutomi"の部分をクリックください。そうすると、アップロードされたファイル(MP3)がありますので、その中からご希望の音声を選んでいただき聴くことが出来ます。もちろん、ダウンロードも可能です。

 最初は、慣れないので不安かもしれませんが、一度使ってしまえば非常に便利なシステムです。音声ファイルを聴くこと以外にも皆さんの日常生活や仕事でも活用いただけると思います。写真や動画なども家族や友人と共有することが出来ます。

以下のサイトで使い方を説明しています。

Dropbox徹底解剖

dropbox 使い方
[PR]
by cozyedge | 2011-08-31 21:25 | communion | Comments(2)
2011年8月12日「タツヤとトミオの信仰放談(その3)」

 御連絡

 以前の配信方法に古いファイルがリンク切れになる現象があり、メンテナンス性の向上と配信作業の簡素化とスピードアップのため今回から勝手ながら配信方法を変更いたします。

1. まず、Dropboxをダウンロードして下さい。
2. @kcn.jp(@の前にsaltを付けてください)に、「配信希望」のタイトルをつけ、お名前、在住地(出身地)、簡単な自己紹介を記しててメールを下さい。
3. 出来るだけ早く配信共有のための「招待状」を返信いたします。

 返信メールの内容は、以下のようになります。

「Cozy Edge wants to share some files with you using Dropbox. Message from Cozy Edge:

View "tatsutomi"

Enjoy!
- The Dropbox Team」

 次に、View "tatsutomi"の部分をクリックください。そうすると、アップロードされたファイル(MP3)がありますので、その中からご希望の音声を選んでいただき聴くことが出来ます。もちろん、ダウンロードも可能です。

 最初は、慣れないので不安かもしれませんが、一度使ってしまえば非常に便利なシステムです。音声ファイルを聴くこと以外にも皆さんの日常生活や仕事でも活用いただけると思います。写真や動画なども家族や友人と共有することが出来ます。

以下のサイトで使い方を説明しています。

Dropbox徹底解剖

dropbox 使い方
[PR]
by cozyedge | 2011-08-23 23:47 | communion | Comments(1)

簡単な自己紹介の紹介

 配信希望の方には、「簡単な自己紹介」をして下さいと書きました。
Salt氏のこれまでのメッセージの流れから交わりは双方向であるべきとの観点から、配信方法にDropboxという仕組みを利用した。「簡単な自己紹介」は、何も堅苦しいものではなくて住所や個人情報の詳細は必要は無い、こちらとしても大切な個人の情報の管理が必要に成るので、最低限の出身地(在住地)、メールアドレス、ペンネーム(または本名)と簡単な信仰履歴(お望みであれば詳しく書いていただいても結構です)で良いと考えております。メールアドレスさえあれば、オフ会というか顔と顔を合わせる企画をする時などに「お知らせ」するときに便利だなと考えており、管理人としては気軽に考えていただければと考えている次第である。これまでのSalt氏のメッセージや信仰放談も含めて配信者はそれなりの時間と労力を投資して主イエス・キリストを伝えている。それ故に、キリスト者として一定の配慮をしていただきたいと思う。これは、多くの人に聴いてもらうべく垂れ流すメッセージとは違う性質のもので(もちろん、多くの方に聴いていただきたいが)、ここら辺が我々の塩加減である。

 管理人である、私、cozyedgeは、今年の12月で40歳になるキリスト者。三重県桑名市出身で現在も在住しており、既婚の勤め人である。妻は、山形出身のキリスト者です。29歳の時に三重県四日市のプロテスタントの教会でイエス・キリストを主として受け入れましたが、教会というシステムに「なんだかなー」と疑問を感じて信仰の放浪をへてKingdom FellowshipのLukeさんや天理カナンキリスト教会のSalt氏と出会い現在に至る。未だに聖書と葛藤しながら日々を過ごしつつ、主の導きが無ければ何も出来なし理解出来ないなーと日々感じながら生きております。簡単な自己紹介までに。

 どうぞ、皆様、お気軽に以下のアドレスにお問い合わせくださいませ。

a0160940_0535431.jpg

[PR]
by cozyedge | 2011-08-23 00:53 | communion | Comments(0)

Salt氏の詩集

Salt氏が、若かりし日(今もハートは十分若く右肩上がり)の詩集2冊をPDF化いたしました。いわゆる今流行の電子書籍です。御本人から承諾を得ましたので「配信希望」の方には配布できるように近日中にしておきます。1冊は、救われる前の作品でもう1冊は救われた後の作品となっております。是非、お読みになって違いを楽しんでください。
a0160940_0311659.jpg

[PR]
by cozyedge | 2011-08-17 09:23 | communion | Comments(0)
2011年8月12日「タツヤとトミオの信仰放談(その2)」

 御連絡

 以前の配信方法に古いファイルがリンク切れになる現象があり、メンテナンス性の向上と配信作業の簡素化とスピードアップのため今回から勝手ながら配信方法を変更いたします。

1. まず、Dropboxをダウンロードして下さい。
2. @kcn.jp(@の前にsaltを付けてください)に、「配信希望」のタイトルをつけ、お名前、在住地(出身地)、簡単な自己紹介を記しててメールを下さい。
3. 出来るだけ早く配信共有のための「招待状」を返信いたします。

 返信メールの内容は、以下のようになります。

「Cozy Edge wants to share some files with you using Dropbox. Message from Cozy Edge:

View "tatsutomi"

Enjoy!
- The Dropbox Team」

 次に、View "tatsutomi"の部分をクリックください。そうすると、アップロードされたファイル(MP3)がありますので、その中からご希望の音声を選んでいただき聴くことが出来ます。もちろん、ダウンロードも可能です。

 最初は、慣れないので不安かもしれませんが、一度使ってしまえば非常に便利なシステムです。音声ファイルを聴くこと以外にも皆さんの日常生活や仕事でも活用いただけると思います。写真や動画なども家族や友人と共有することが出来ます。

以下のサイトで使い方を説明しています。

Dropbox徹底解剖

dropbox 使い方

a0160940_926761.jpg

[PR]
by cozyedge | 2011-08-13 14:19 | communion | Comments(0)
ちょっとリアルに考えてみましょう。以下の事態は仮想ですが、3.11の震災以前の記事ですので状況はさらにシビアになるでしょう。

出典:シミュレーション 20XX年ニッポン「財政破綻」©橘玲 転載自由。

「著作権(©橘玲)、オリジナルURLおよび転載自由の旨が明記してあれば、文章の転載は自由です。通知も必要ありません。」

****************************************************************************************************************************

シミュレーション 20XX年ニッポン「財政破綻」


『ZAITEN』2011年2月号の特集「20XX年ニッポンの国債暴落」に掲載された「シミュレーション20XX年ニッポン「財政破綻」」を、出版社の許可を得てアップします。これはもともと、編集部の要望で、同特集の巻頭のために匿名で執筆したものです。

* * * * * * * *

金利上昇、デフレ脱却が住宅ローン破産を呼ぶ

20XX年1月10日(金)。午前6時に人形町のワンルームマンションを出て、徒歩で丸の内に向かう。出社前に近くのスターバックスに寄り、3800円のカフェモカを飲むのが私のささやかな贅沢だ。紙の新聞はずいぶん前になくなってしまったので、iPad5を開いてニュースをチェックする。

一面トップはあいかわらず「年金全共闘」で、新宿西口に3万人を超える団塊の世代の高齢者が集まり、「生きさせろ」と叫びながら警官隊と衝突した。大阪では公務員の大規模ストでゴミが回収できないため、道頓堀を巨大なドブネズミが走り回っている。スポーツニュースでは、中国の財閥が買収したFC銀座が、バルセロナを戦力外通告されたメッシに移籍のオファーを出したことが大きく報じられていた。

3年ほど前、さしたるきっかけもなく、国債価格が下落し、金利が上がりはじめた。最初はなにが起きているのか、誰にもわからなかった。経済学者のなかには、ようやく長いデフレから脱却できると、この現象を楽観的にとらえる者もいた。

それから、物価が上がりはじめた。最初はガソリンと野菜で、国際的な石油価格の高騰と冷夏が原因だとされた。だがそれが局所的なものでないことは、すぐに明らかになった。食料品や石油製品だけでなく、ありとあらゆるものの値段が一斉に高くなったからだ。

それでもまだひとびとは、比較的落ち着いていた。物価の上昇が急激でなかったため、経済評論家たちはニュース番組で、日本経済復活に必要なマイルドなインフレが起きているのだと解説した。

実際、この異変は当初、歓迎されていた。預金金利が5%に上がって、「利子で生活が楽になった」と喜ぶ高齢者がワイドショーで紹介された。円が120円まで下落したことで、トヨタやソニーなどの輸出産業が軒並み最高益を計上するようになった。

そして、住宅ローン破産が始まった。

超低金利に慣れ親しんだひとたちは、ほとんどが変動金利の長期ローンでマイホームを購入していた。それがいまや、ローン金利は10%台まで上がり、毎月の返済額は2倍になった。ローンを払えない契約者が続出すると、銀行は抵当物件を片っ端から競売で売却した。金利の上昇で大打撃を被った不動産市場に大量の競売物件が流れ込んだために、都市部を中心に地価は急落した。

政府は当初、住宅ローン破産を防ぐための特別措置を講じようと試みた。

だが金融当局は、銀行の財務内容を見たとたんに、ローンの繰延べや競売の猶予が不可能なことを思い知った。日本の銀行は大量の国債を保有しており、国債価格の下落で莫大な含み損を抱え込んでいた。そのうえ担保にしていた不動産価格まで暴落し、いまや数行を除いてほとんどが実質債務超過の状況にあった。不良債権問題を先送りする余裕などなく、返済が滞れば即座に処理する以外に選択肢はなかったのだ。

日本政府は銀行の連鎖倒産を防ぐために、超党派で金融危機特別法を可決させ、時価会計を一時的に停止し、簿価会計に戻すことにした。だがこれは、政府が公式に経済破綻を認めたと受け取られ、海外投資家が日本株と円を投げ売りし、日経平均は6000円まで暴落、円は1ドル=200円の大台を超えた。翌日物のコールレートは一時20%という消費者金融並みの水準まで上がり、各地で取り付け騒ぎが起こった。銀行救済のために政府は大規模な資本注入を余儀なくされ、大半の銀行が実質国有化される異常事態になった。

それと同時に、食料品や生活必需品を中心に物価が急速に上がりはじめた。スーパーの値札はたちまち倍になり、現金を握りしめたひとびとが買い物に殺到し、店頭からモノがなくなった。日本社会は、パニックに陥った。
ハイパーインフレが富裕層の顔ぶれを一転させた

コーヒーを飲み終えると、東京駅前のハイアールビルにある会社に向かう。金融危機前は丸ビルの愛称で知られていたが、いまや覚えているひとはほとんどいない。それ以外にも、サムソンプラザやタタ・ヴィレッジなど、東京都心の不動産はほとんどが外国企業に買収されてしまった。

私は三十代半ばまで、大手電機メーカーの技術者だった。海外企業との価格競争に巻き込まれてボーナスは年々減らされたが、会社にしがみついていれば定年まで食いつなぐことはできるだろうと、漠然と信じていた。

だがハイパーインフレが、すべてを変えてしまった。

最初に、年金生活の高齢者が家を失って路上生活を始めた。日比谷公園ではホームレスのための炊き出しが1日3回行なわれていて、1万人ちかくが公園内で暮らしている。同様に上野公園や新宿中央公園、荒川の河川敷もダンボールハウスで埋め尽くされた。

次いで、公務員のストライキが頻発するようになった。失業率は30%に達し、街には浮浪者が溢れていた。政治家は公務員の給与を引き上げることに二の足を踏み、実質給与はいまやかつての半額以下になった。週刊誌には、事務次官の妻がコンビニでレジ打ちをしたり、財務官僚の娘がキャバクラで学費を稼ぐ様が面白おかしく取り上げられた。

その大混乱を見て、生来臆病な私も、このまま座して死を待つわけにはいかないと腹をくくった。わずかな退職金で会社を辞め、まったく縁のない不動産営業の世界に飛び込んだのだ。

生き延びるために不動産業を選んだのには、理由がある。

半年ごとに政権と首相が変わったあげく、日本がIMF管理になるとの憶測が流れて、ようやく超党派の救国内閣が成立した。新政権の喫緊の課題は財政の健全化で、消費税率は25%になり、年金の受給年齢は70歳に引き上げられた。医療・介護サービスは保険料が大幅に上がり、自己負担は5割で、歯科治療が健康保険から外された。

財政再建の道筋が見えると、東京の中心部から不動産価格が上昇しはじめた。円安と地価の暴落によって、外国人投資家にとっては、銀座の一等地がかつての5分の1の価格で買えるようになったのだ。

私の唯一の取り得は、ビジネス英語が話せることだった。辞書を引きながら徹夜で契約書を翻訳し、欧米はもちろん中国やインド、東南アジアの投資家に東京の不動産を営業して回った。

私が契約営業マンになったのは財閥系の大手不動産会社の子会社だったが、いまでは親会社もろとも中国の投資会社に買収され、社員の半分が中国人、香港人、シンガポール人、中国系アメリカ人になった。外国人投資家は彼らが直接営業するから、私は日本人顧客の担当に変わった。

日本経済が大混乱に陥ったとき、バーゲンハンターとして登場したのは海外投資家だけではなかった。ほとんど知られていなかったが、金融危機以前に巨額の外貨資産を保有していた多数の日本人投資家がいたのだ。

ビデオ会議で上海の本社に営業報告をしてから、表参道に向かう。最初の顧客は、三十代前半の若者だった。

大学を中退してFXとパチスロで生活していた彼は、1ドル=100円から300円に通貨が下落する過程で、レバレッジをかけた巨額の外貨ポジションをつくり、30億円を超える利益を得た。その資金を元手に不動産投資を始め、いまでは渋谷や青山に数棟のビルを保有している。金融危機から3年で、日本の富裕層はほぼ全面的に入れ替わってしまった。

東京の夜を彩る中国語やハングル文字のネオンサイン

外苑前で2万円のビジネスランチを食べ、麻布十番の顧客を訪問する。50歳でリタイアし、マレーシアで海外移住生活を送っていたのだが、円安と地価の下落を見て、外貨資産を円に戻して日本に帰ってきた「海外Uターン族」だ。

彼ら新富裕層のおかげで、私は会社でトップ5に入る営業成績を維持できている。目標に到達できなければ問答無用で解雇されるが、成績次第で青天井の報酬が支払われる。私が以前勤めていた電機メーカーはインドの会社に買収され、「同一労働同一賃金」の原則のもと、いまでは日本人社員もインド人と同じ給料で働いている。

今日は早めに仕事を切り上げて、6時の特急電車で南アルプスの家に帰る。

金融危機とそれにつづくハイパーインフレで、私の実家も妻の実家も、祖父母が年金だけは生活できなくなった。そのうえ父と義理の父がリストラされ、路頭に迷ってしまった。それで田舎に3軒の家と農地を格安で購入し、一族が肩を寄せ合って暮らすようにしたのだ。同じようなケースはほかにも多く、日本は大家族制に戻りつつあった。

東京駅前には、赤ん坊を抱いた物乞いの女たちが集まっていた。その枯れ枝のような細い腕を掻き分けて改札を通り抜けると、5000円のビールとつまみを買ってあずさのグリーン席に乗り込む。平日は都心のワンルームマンションで単身赴任し、週末に家族の待つ田舎に戻る生活を始めて1年になる。

プルトップを引いて、冷たいビールを喉に流し込む。この週末は、失業した妻の弟が、いっしょに暮らせないかと相談に来ることになっている。娘の進学問題も頭が痛い。将来に不安がないわけではないが、泣き言はいえない。いまや一族の全員がわたしを頼っているのだ。

中国語やハングルやアラビア文字のネオンサインが、新宿の夜空をあやしく染めていた。青白い月を眺めながら、いつしか浅い眠りに落ちていた。
[PR]
by cozyedge | 2011-08-03 00:18 | Comments(0)

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge