<   2015年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

a0160940_2351298.jpg


「産む」という行為には、神さまの知恵や愛が込められているとつくづく教えられる。

【Ⅰペテロ1:3】
 私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神は、ご自分の大きなあわれみのゆえに、イエス・キリストが死者の中からよみがえられたことによって、私たちを新しく生まれさせて、生ける望みを持つようにしてくださいました。

【Ⅰペテロ1:23】
 あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。

【使徒20:35】
 このように労苦して弱い者を助けなければならないこと、また、主イエスご自身が、「受けるよりも与えるほうが幸いである」と言われたみことばを思い出すべきであることを、私は、万事につけ、あなたがたに示してきたのです。

 神さま、イエスさまによって「産む」ことをされた私は、イエスさまが死者の中からよみがえられたことによって、新しく産みだされた。朽ちる種からではなく朽ちない種から産みだされた。
 自分を教師としえ育ててくれた先輩教師に恩返しはできないけれど、自分が後輩に教えられたことを伝える“恩送り”によって先輩に感謝したい、という教師がいた。神さまに感謝し神さまを賛美することと、「受けるよりも与えるほうが幸いである」と言われたように、受けたことを与え、「産む」ことによって感謝を、賛美を神さまにささげることをしたい。
 
                                      銀じ郎
[PR]
by cozyedge | 2015-12-19 23:08 | Comments(0)

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge