<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

a0160940_23341687.jpg


【Ⅱテモテ1:5】
私はあなたの純粋な信仰を思い起こしています。そのような信仰は、最初あなたの祖母ロイスと、あなたの母ユニケのうちに宿ったものですが、それがあなたのうちにも宿っていることを、私は確信しています。

たいがいこのみことばが取り上げられ、礼拝の参加の仕方、家庭礼拝の有り方、教会での奉仕への加わり方、などなど話し合われていた。「まあ、そんなものか」と付き合ったが、救いも信仰も神さまと個人の事柄であるなら、救いや信仰を継がせられるもののように考え取り扱う様子に、なんとも違和感があった。そういうことをいうと必ず「うるさいことをいう」と場が重くなった。ごちゃごちゃ言わず「信仰の継承のために」と礼拝の参加の仕方、家庭礼拝の有り方、教会での奉仕への加わり方などを話し合い実践すれば丸く収まる空気だった。

そんな空気は、大嘘だ。大嘘をほんもののようにして騙し合っていると、とんでもないしっぺ返しを食らう。「信仰による人間疎外」というタイトルの本もあったが、教会のそんな欺瞞が人を壊した事例はたくさんある。「信仰の継承」といったことばに惑わされ騙されず、受け継がせるべきことはなんだろう。

 ダビデという人によって神さまと結ばれた契約がどう受け継がれたのかということでは、その契約を受け継がせた人のことではなく、受け継ぐ側の者がその契約にどうであったか、しか語られていない。つまり、神さまとの契約は、神さまとダビデの契約であり、その契約に対して常にその人がどうであるかであり、人が人に契約を受け継がせられるものではない、ということではないか。

そうであるなら「信仰の継承」などあり得ない。【Ⅱテモテ1:5】のみことばは人の手によって継承されたものではなく、ロイスもユニケもテモテも、個々人が主の前にどうであったのか、ということではないか。信仰だけでなく、この世の継承させたい、と思う大切なことでも、結局は、その事柄に向かう者の有り様であり、受け継がせられるものが本質とはならないのではないか。

【Ⅰペテロ1:4】
また、朽ちることも汚れることも、消えていくこともない資産を受け継ぐようにしてくださいました。これはあなたがたのために、天にたくわえられているのです。

【エペソ1:19、20】
また、あなたがたの心の目がはっきり見えるようになって、神の召しによって与えられる望みがどのようなものか、聖徒の受け継ぐものがどのように栄光に富んだものか、また、神の全能の力によって私たち信じる者に働く力がどのように偉大なものであるかを、あがたが知ることができますように。

歳をとったものの頑迷な意地で「不易な大切な事を受け継ぎなさい」とならず、受け継ぐ側の者が自発的・主体的に気づき受け継ごうとする、そうでなければならない。私は、「なんでわからん、受け継がない」と苛立ったり、不満に思ったりするのではなく「あがたが知ることができますように」と祈らなければならない。そのためには、まず自分が知ること、教えられることである。受け継がせるべき天にたくわえられているものを、私が教えられ知らされなければならない。教えられれば教えられるほど、知らされれば知らされるほど、人の手によって受け継がせる者でない事がわかるだろう。
主にある「継承」でありたい。
                                   (銀じ郎)
[PR]
by cozyedge | 2016-05-14 23:35 | Comments(0)

使徒の働きは今も続いています。


by cozyedge